不確定時代には、予防と臨機応変でしょうか?

今日は、堤です。今年の春の連休は終了しました。今、コロナで、毎年の旅行を中止したり、人生の計画が変更になったり、或いは考え方が変わった人もいるかもしれません。
 人生では、予想もつかない病気やケガや事故や災害などが突然やってきて、予定や計画が狂ってしまう事が有ります。
例えば、
1”失敗は成功の基”と言いますが、何回も試験に合格しなかったりします。
 この場合は、何回まで受験するのか?何時まで試験にチャレンジするのか?
2コロナ禍の現在の状況から、海外旅行を諦めたりします。
この場合、何時になったら安心して海外旅行が出来る様になるのか?或いはする気になるのか?
 ”備えあれば患(うれ)えなし”と言いますが、コロナウイルスにより、今の様な状況になるとは、殆ど全ての人が予想をしていなかったのではないでしょうか。

予想がつかない想定外になることを予想や推測して、備えあれば患いなし(予防、有事の際には臨機応変や朝令暮改でしょうか。
 あまり気に病んでいては免疫力が落ちて良くないので(病は気から)、川(人間社会)の流れに身を任せ、健康で文化的な明るい社会になることをじっと今は待つでしょうか。
ではまた。
IMG_1240.JPG
IMG_1245.JPG

孤独と共生、喜びと悲しみ、生きるとは?

今日は、堤です。今のこのコロナのご時世で、人同士のコンタクトが難しく、そして妨げられています。先行き不安や孤独です。
 こんな時にも、人生を生きてゆくには、喜びや目的が必要だと思います。
 我々は人間に生まれ、人間として人間社会で生き行くしかない。人間は弱い動物。集団で助け合い、肉体的精神的に支え合って生きてゆくしかない。そして、それが出来るし、それが人間に生まれた価値有る生き方だと思います。
 誰も、他の生き物には変われないし、人間に生まれた事にこそ価値ある。だから、人として生まれて生きて行くことに感謝し、精一杯生きて行く
 背伸びもしなくていいし、いじけなくてもいい。他人を気にせず、自分らしく人として生きて行けばそれで良い。生きたという事に価値があるのでは。みんな一緒に歳を重ねて、何時かはこの生きる世界を誰もが去って行くのであるから(それが生き物の宿命)。
 人生には、孤独と共生、喜びと悲しみ、感情が錯綜(さくそう)したり、困惑や悩んだりします。これも自分の感覚や神経に与えられた人生の中の一部の経験。そして人に生まれなければ、経験できない事は多い。辛い時には、そう思って生きて行けば良い。
 辛いだけの人生や、楽しいだけの人生は、平坦で刺激の無い寂しいもの。メリハリが有るからこそ、また未来が薄っすらとしか分からないからこそ生きて行ける。
 今年もこの時期(季節)、色々なことが脳裏をよぎります。これからも生きる事に価値を見出して、共に生きて行きましょう。ではまた。
添付:ブロッコリーの花、他IMG_1234.JPGIMG_1233.JPG

人生の手段と目的は?

今日は、堤です。お久しぶりです。このところ暖かくなり、桜が咲き、鳥のさえずりが聞こえた李します。季節が廻り春が来ました。
 また繰り返される一年。春が季節の始まりの様な気がするのは、春には入学と卒業などのイベントが日本人に染みついているせいでしょうか。
 
 さて、日本での私達の生活は、年々、便利で快適な暮らしになりました。今の周りからの生活に流されて、携帯、車、電化製品などと快適な生活に浸かっていると、人生はあっという間に過ぎ去ってゆきます
今の快適な生活は、人生の手段であり、便利や快適が人生の目的ではありません
人生の目的は、これらの便利な手段や道具を使ったり利用して、より良く生きるとか、充実した時間を過ごす、或いは後悔しない様に精一杯生きる事でしょう。
 コンピューターは、色々処理する手段、携帯はコミュニケーションや情報収集の手段、或いは車や新幹線は移動する手段などです。(手段だけで終わってしまっては、自分の人生が勿体ないです
 より良く生きる為の手段は、夫々の人では異なります。年齢、男女、生活地域、習慣、生い立ちなど様々です。
これからの人生、自分の一番大切な時間は、自分の為に使い、後悔しない様に、ポジティブに考えてお互い頑張りましょう。ではまた。
添付写真:ムスカリ
IMG_1232.JPG 

転ばぬ先の時間の使い方は?

今日は、堤です。いよいよコロナのワクチン接種が始まりました。これから良い方向へ向かうと思いたいです。
 さて、この自粛での(今の)時間の使い方で、みんなと差がつきます。時間が有ればあるほど差がつきます。
何もしないとか、ぼーとしていると一番勿体ないと思い~🎵
そこで、物置部屋に書籍を集めて、物置のDIYです。今は寒いので、まず電気配線して照明とファンヒータを使えるようにして。
 良かった事は、物置部屋は小さいので、暖房すると直ぐ温まること(暖房費節約になる)、隔離部屋?独房?見たいに静かで読書に向いていること、書籍の整理ができたことです。 
 さて今は農閑期?ですが、今年ももうじき野菜作りが、ジャガイモから始まります。

一番大切なのは時間でしょうかお互い、自分だけの貴重な時間を大切に使って、自分だけの人生に後悔しない様にしましょう。ではまた。
IMG_1229.JPG

分相応の生き方は、節約、清貧?

今日は、堤です。今、コロナで緊急事態です。今年は平行して、アメリカが民主党のバイデン大統領に変わり、環境政策に舵をきって行きます。
 
 現代の科学技術では、産業を発展させるとエネルギーを使い、二酸化炭素などの温室効果ガスにより温暖化が進行し、環境が悪化してしまいます。温暖化は、台風の巨大化、南国の島国の水没、北極や氷河の融解、洪水など、あらゆる災害に関わっています。また人間が作り廃棄したプラスチックごみなどによる環境破壊も深刻です。
 今、私達の誰もは、昔の暑い寒いや不便な生活へは戻れません。
私達が健康で快適な今の生活をする為には、最低限のエネルギーが必要です。このエネルギーを生み出す為には、環境に負荷をかけます。
やはり私たちは、この生活を最低限維持し、環境に負荷を出来るだけかけない為には、節約、工夫、清貧の考え方、そして分別、再利用などが必要です。
 現代科学では、自然をコントロールする事は出来ません。自然を上手く利用したりして、自然と共に生きてゆくしかありません。
 自然エネルギーの利用としては、太陽光、風力、潮流などが有ります。
また、森林や植物を増やせば、太陽や水などの自然の力で、二酸化炭素は減らせます。
 これからを生きてゆく次の世代の人たちへ、より良い環境を残してあげることが出来るのは、前に生きている私達です。
分相応で節約や清貧生活で、みんなが長い間継続し、自然と共に生きるでしょうか。ではまた。
与野公園1.JPG

 

 

今、自分に出来ることは?

今日は、堤です。今はコロナで大変です。今は、これを乗り切るのが一番です。
でも将来、この災害とも言えるコロナが収束したら、次の生活が有ります。将来がどんな社会になり、何が待っているか分かりません。
 将来の為に、自分なりに今、出来る事は何か有ります。

 一人の力だけでは、社会を動かす事は出来ませんが今、一人で出来るとしたらと考えてみました。
例えば、今も将来も、人間社会に関係ある温暖化を少しでも遅らせるには?

1.使用するエネルギーを節約する
  家を断熱(断熱材、テープなどを張る、二重窓など)、温調温度を上下して冷暖房の節約、太陽熱を利用(ソーラー発電、太陽温水器など)
2.勿体ないので直せるものは直して使う、使い終わった物は、別用途で使用するなど
  破れたり使い終わった衣類は、床掃除に使う。
  ゴミがなるべく出ない様に(ロスが無い様に)工夫する。
  生ごみは、発酵させて、たい肥などにする。  
3.なるべく何でも長く使う、ロスを減らす
  丁寧に使ったり、廃棄食品を減らしたり、家畜の餌にしたり。
4.リサイクルなど
  メルカリなどで、再使用するなど。
(注)人が何かを作ると、必ずエネルギーを使うので、なるべく作る物を減らし節約すれば、使うエネルギーは減ります。 
5.植物を増やす
 植物は、動物の排出した二酸化炭素(温暖化に関係)を吸収して酸素を排出するので増やす。
 森林、草花、果樹、農作物、植物性海産物(海洋植物)など。
 個人的には、花や植木を育てたり、家庭菜園など。

 今、温暖化で地球の温度が上昇しています。今まで人間が長年エネルギーを消費し、熱が地球に蓄積しています。特に、海は大きな熱容量が有り、海水に熱が蓄積していると思います。温かくなった海水は、蒸発量が多くなり、大型台風が発生しやすくなり、陸地が減少したり、災害となります。
 将来の為に、何か自分なりに出来る事を少しでもして行きましょう(その方がお金も使わない?)ではまた。
IMG_0290.JPG

今でしょ?でも将来に希望を持って今でしょ?

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年もマイペースで行きます。
 今は、コロナウイルスが収束せず、みんなが辛抱しています。
また、病院でコロナと向き合って、ずうっと一生懸命頑張って働いている方々には敬意と感謝しかありません。
何か一人ひとりが協力すべきです。コロナを増やさない努力や辛抱が全ての人々に必要です。
 経済と健康を考えれば、病気が蔓延していては将来が不安で、消費や投資でお金を使いませんから経済は良くなりません。
 日本が戦争に負けた時には、経済どころか食べる事にも事欠き、それでも必死に生きてきて、日本は経済復興しました。
まずは、コロナを重点的に解消すべきではないでしょうか?
このコロナウイルスは、症状が無い内に、(他人へ)うつしてしまう危険が有るので、査はとても重要です。
GOTOで私たちの大切な税金を使うのであれば、少しでも日本中にコロナが拡散しない様に、検査をして陰性の人だけ補助(資金提供)するなどの配慮をして欲しかったと思います。
 今はコロナの収束や将来が見通せないので、今を精一杯生き抜いて行くしかありません。
でも将来は有ります。将来に希望や目的を持って生きて行きたいものです。
(今で終わってしまう訳ではありません)
例えば、コロナが収束して、今までの平常な生活が戻った時には〇〇〇をしようとか思いながら、厳しい今を頑張って切り抜けるしかありません。お互いに今年は良い年でありますように、ではまた。
IMG_1133.JPG

生きてる間の収支とは?

今日は、堤です。
最近、めっきり寒くなってきて、朝方は0℃以下で、戸外に置いてあるジョウロ(水差し:水を灌ぐ容器)の中の水が凍っていました。
 水💧は固体と液体と気体の三態(3つの状態)に変化し、何とも不思議な物質です。

 さて、我々生き物は、この世に生(命)を受けて現生へやってきて去って行きます。
水は固体や液体から気体へ変化して見えなくなっても、その存在がこの世から消えて無くなった訳ではありません。その状態が小さく変化しただけです。
同様に生き物に魂が有るとすれば、我々生き物(の魂)も亡くなった後にはバラバラになって小さくなり状態は変化しますが、存在するのかもしれません。
 水が三態に変化しても存在する様に、魂も生(再生)から死となりバラバラの状態へと変化しても存在し、これを繰り返しているのかもしれません。そう考えると、次に生を受けて再生される来世が存在する。
そして前世と現世と来世が有り、連続していて繋(つな)がっているのでは?
次の来世の運命を決めるものは何?それは我々が生きている間の収支
生きている間の収支とは、借りたものは返す事は勿論のこと、貰ったものは返す事、例えば恩を受ければ、恩を返すことで収支が成り立ちます。
 ”目には目を歯には歯を”慣用句(ハムラビ、旧約聖書に有り)も有ります。
いや、それ以上に良い事は、他人から何も貰えなくても、功徳や慈悲、恵みを施すなどではないでしょうか。

でもまあ、この世での修行の足りない小生には無理なので、また来世は普通の凡人なのでしょうが。ではまた。
添付写真:アロエの花
IMG_1226.JPG

時は流れ、季節は巡る?人生も巡る?

今日は、堤です。今、世界中でコロナウイルスが猛威を振るっています。

この人間社会の禍にかかわらず、自然や季節は巡り、日本での今は晩秋でしょうか?

紅葉は終わりに近づき、四季は巡って行きます。この季節の移ろい(変化)によって、時の過ぎゆく形を見ているかのようです。また、来年も生きていて健康であれば、紅葉や秋の移ろいを感じる事が出来ます。

 人は、人としてこの世界で生きて行くには、楽しい事だけではありません。辛い事は幾たびも有ります。でも、この喜怒哀楽を乗り越えて生きて行くしかありません。
 将来を悲観しているだけでは何も始まりません。幾つになっても、将来に少しでも何か希望や目標を持って生きて行きたいものです。
また、楽天的なだけでも、人生に充実感や感動は有りません。充実させる為には、努力が必要です。
 
 今日は、道端の紅葉の景色や落ち葉を目にして、ついつい季節の移ろいを感じました。
自分も人として生きてきて、今は、季節で言うならば晩秋?なのかと感傷的になりました。
 十人十色、人生色々であっても、みんな後悔したくはありません。さあ後悔しない様に、自分らしい好い(良い)加減で、みんな生きて行きましょう。
ではまた。
与野公園3 (3).JPG

誰にでも、今出来る事は有る?

こんにちは堤です。今はコロナウイルスで海外へ行くとか、国内を旅行するとかも躊躇(ためら)ってしまいます。
せっかく、この生きる世界へ生まれて来たのだから、生きている元気な内(時)に、見たことの無いものを見て、したことの無い経験をして、多くの事を知ったり学びたいものです。
 人は誰しも生まれ来て成長し老いて去って行く。今は、その生きている間の何歳(幾つ)になった時点で生きているという事だけです。
 人は生まれたときには体一つであり、何も身に付けず、知能や財産など一切なく、何が欲しいとかの欲望も有りません。

また、自分だけ特別な人だとか、特殊な人だとか言うことも無く生まれてきます。
 そしてこの生きる世界を去って行く時には、何も持っていけず、この生きた世界へ、生きた軌跡だけを置いて行きます。
人生には、浮き沈みや辛い事、悲しい事は少なからず誰にでも有ります。でも、辛いことや悲しいことが有っても、何時かは終わりが来ます。
だから、悩まず苦しまず、健康に留意して生きて行くだけでも良いのではないでしょうか。誰しも何時かは、すべてが無くなってしまうのであるから。
儚(はかな)い命であり時間なのだから、後悔をなるべくしない様に、今出来る事を出来るだけした方が良いのでは。誰でも、今出来る事は有るのであるから。ではまた。(添付:市民の森、見沼グリーンセンター)
市民の森見沼グリーンセンター.JPG
 

日本人として引き継がれる大切なものとは?

こんにちは、堤です。お久しぶりです。季節は夏から秋へと変わりつつあり、冬野菜のブロッコリーなどを植えたり、植木の手入れや衣替えなど、冬支度でしょうか?(まだ冬支度は早いですが)

 さて、最近、反日種族主義との闘争と言う書籍を購入しました。前著の反日種族主義で著者(韓国人)が、韓国の国内で強い抵抗や罵倒にさらされ、萎縮してしまうのかと心配でしたが、続編が出たので安心しました。何故この著書が気になるのかというと、此れからを日本人として生きて行く人達が胸を張って生きていって貰いたいからです。
韓国は、日本に対して何度も謝罪や賠償などを、戦争に係る慰安婦や徴用工などをとりあげて要求してきましたが、それは事実でなかったという事が、この書籍には具体的に記述されているからです。
 1恩を仇で返す?
  日本の統治は侵略?と言うけれども、それまでの韓国は極貧で食べ物は無く不衛生でライフラインは無きに等しかったのが良くなっています。
 2慰安婦?
   強制連行して極悪な扱いをしたというけれど、自発的に日本へ来ていたり、騙されたり、貧しくて親が子を売ったりしていたらしいです。
  また、働いた賃金はきちんと支払われていて、韓国へ送金などされていた事実が残っているらしいです。
 3徴用工?
  強制連行ではなく出稼ぎで、日本人と同じように働き、賃金も支払われていたらしいです。
  また韓国は、日韓請求権協定で、これ以降日本には一切請求しないと約束していながら、個人の請求権は消滅していないと言い(因縁をつけ?)、ユスリとタカリ?
 4慰安婦像の設置?
 事実無根であるにもかかわらず、日本大使館などの前に、慰安婦像を設置し、日本を侮辱しています。
 
やはり、これからを生きて行くには、イエスやゴメンナサイだけではなく、日本として言うべき事や主張をすべきであるのは明白です。この書籍は、それを後押ししてくれる書籍であり、また事実を正しく認識して正す韓国人の方々がいる事は救われます。
 
遠い親戚より近くの他人
と言いますが、遠い国より近くの国であり、近くにある国は、やはり友好国としてありたいものです。ではまた。
IMG_1083.JPG
 


 


努力次第で楽しい時間がやって来る?

 こんにちは、堤です。このところの暑さとコロナで、気がめいってしまいそうです。ご無沙汰しています。
 
 さて、同じ時間を過ごすのであれば、充実しているか楽しいか夢中になれる時間を過ごしたいものです。
まずは、何もしないでいれば、
1.果報は寝て待てと言って、幸福は人力ではどうすることも出来ないから、あせらないで静かに時機の来るのを待っていると、何も起こらなかったり変化せず、時間だけが空しく過ぎただけになることも有ります。
2.次に楽しくなる様に努力した場合には、
 ①努力した結果、楽しくなれば、努力した結果が報われて努力が無駄ではなかったと喜び、②逆に失敗であれば、失敗を反省し、更に努力し
 たり他の手段を考えたりして努力すれば、後悔しないか、後悔が少なくなります。
3.また禍(わざわい)を転じて福となすと言う様に、身に降りかかった災難や失敗を上手く活用して、かえって幸せになる様に取りはからう事が出来れば、更に嬉しいかもしれません。
(これは、現実には中々上手くいかない事が多いかもしれませんが)

 何はともあれ、誰でも自分の楽しい時間を過ごしたいでしょうし、人生に後悔したくはないですから、何に努力するかに迷うようでしたら、石橋でも木橋でも叩いてみて、渡らないで様子を見てみてはどうでしょうか?ではまた。添付:カボチャの花
IMG_0387.JPG

朝令暮改と臨機応変?

こんにちは、堤です。今、コロナウイルス(検査)で発見される人が再び増えています。
感染経路がはっきりしないとか、発症しない陽性者がいます。すると、疑心暗鬼(*1)、人を見たら泥棒と思え(*2)などと言いますが、人(他人)を見たら感染者と思えと疑ってしまいます。
やはり、検査は重要だと思います。
人間不信、他人への疑い、仕事や家庭でも支障を生じ、負の連鎖で人間社会がどんどん暗くなって行き良くありません。
*1:疑いの心が有ると、なんでもないことでも怖いと思ったり、疑わしく感じる事
*2:他人をうかつに信用しないで、いったんは疑ってかかれという事

今の現状においては、様々な意見や考え方が有り、どうすれば一番良いという方法や手段は分かりません。選んだ行動の結果がどうなるかは、将来や未来にならなければ分からないからです。ですから良い結果になる様に、手探り(暗中模索)で、行動や実施を素早く行ってゆくしかありません。
 朝令暮改(*3)や臨機応変(*4)で、その判断した今を直ちに変えたりしてでも一番良い方法だと思うものを素早く選んで対応して行くしかありません
*3:命令や政令などが頻繁に変更されて、一定しない事
*4:状況に応じた行動をとる事

 今、一刻も早く判断や処置をしなければ、医療現場であれば生死にかかわったり、検査であれば何日か後には、陽性者が他人へ多く感染させているかもしれません。

人は自分一人だけでは生きて行けません。人と人同士は、つながっています。今、お互いの将来の為に、一人一人が我慢や努力などを行い乗り切ってゆきましょう。ではまた。
IMG_0820.JPG

今も昔も、過ぎたるは猶及ばざるが如し?(いい加減?)

こんにちは、堤です。
1野菜作りでは、最近、雨が多く日照不足で、野菜全般で生育が良くありません。でもゴーヤだけは何時も通り元気です。
2このところ、コロナウイルスの陽性判明者の数が増えています。症状が無くても陽性の人がいるのであれば、検査をしなければ、疑心暗鬼(※)で、みんな(だれでも)を疑ってしまいます。
 ※疑心暗鬼:疑心が起こると、ありもしない恐ろしい鬼の形が見える様に、何でもないこと(正常な人)までも疑わしく恐ろしく感ずること
 検査はやはり重要です
3以前、食品会社で細菌検査を行っていたことが有ります。
その際、手洗い励行なのですが、手洗いのやり方は人によってマチマチ(千差万別)です。

 野菜などの植物や動物は、自分を守って生きて行くために、その皮膚や表面を、ばい菌(細菌やウイルス)など(外的など)の侵入から防いでいます。
 手洗いは大切なのですが、過剰に手洗いをすると、皮膚を守っている油分などが失われたり(例えば、台所洗剤などは汚れの油分と共に、手の油分も取ってしまい、手荒れになることも)、皮膚の表面がシワシワになり、そのシワに細菌やウイルスなどが付着しやすくなってしまいます。
 やはりいつの世も、過ぎたるは猶及ばざるが如し、であり、適切な時に適切な事を行う事が大切です。
 免疫機能も同様ですが、自分自身が自分自身の体を絶えず守っています。
 自分の意志で自分を守ろうとすれば、人間社会では人間同士が遠く離れていて暮らす訳にはいかないので、3密をさけたり危うきに近寄らずなど、お互いに自分を守る努力が必要ですね。ではまた。
ブーゲンビリア.jpg

命あるそれぞれには、それぞれの生き方が有る?

今日は、お久しぶりです。堤です。
 今、コロナウイルスにより、世界中が混とんとしています。先行き不安と、目に見えないウイルスの怖さに、社会は暗くなりがちです。
でも精一杯、コロナウイルスに備えたり対応する以外にありません。

 どんなに優秀であっても上手くいかなかったり、どんなに健康そうに見えても病気になったり、どんなに気を付けていても病気や事故や不幸がやってくる時が有ります。また逆に不幸そうでも幸運がやってきたり、路が開けたりします。
 命ある全ての夫々の命には、それぞれの生き方や運命が有り、それぞれの生き方には一つとして同じ生き方はありません。
 だから、他人に迷惑をかけなければ、自分の望んだり好きな路を行ってもかまわないはずです。後悔しない様に。
自分の選択したその結果は、自分に跳ね返って来るだけなのであるから、くよくよしていても始まらないし、時代の趨勢(すうせい)は、自分だけでは変えられない。将来を悲観していてもはじまらないし、(命の有る)時間がもったいない。
 ポジティブに考えて、明るく発展的に考えた方が良い結果になる事が多い。
 何かをしてもしなくても、後悔してもしなくても、自分の一生の一部になるだけであるから、悩んでいてもつまらないし、前へ進むしかありません。
 さあこの(コロナ)嵐の去った将来を思い描き、希望と計画を立てて、明るく生きて行ける様に、お互い努力して行きましょう。ではまた。
IMG_1162.JPG

季節や歳月は人を待たず?

今日は、堤です。今、コロナウイルスで人間社会(地球)では大変です。
でも、人間社会以外では、いつも通り、季節は移り行き、歳月は過ぎ去って行きます。
 今年も何時も通り、野菜の種を蒔き、苗を植えて、普通に過ぎ去ってゆくはずでした。
 
 やはり人間は、母なる大地や地球に育まれている生命のほんの一部に過ぎず、驕(おご)りや傲慢であってはいけないのだと思います。
我々人間も、大きなこの恵みに支えられなければ生きて行けない小さな儚(はかな)い命です。
 仮に、人間が地球上からいなくなったとしても、他の生き物が生きて行くだけであり、地球からすれば、人間が生きていようが、他の生物が
生きていようが、あまり関係無いのかもしれません。
むしろ今、この母なる地球は、汚し続けて増え続けている人間が、いなくなって欲しいのかもしれません。
人間(人類)が減るとすれば、互いに争い自滅する戦争、疫病、他の惑星などの衝突による気候変動、地震、噴火、津波などによる天変地異、(交通、原発などによる)事故などが考えられます。

 まあそう暗く考えていても仕方がありません。今を乗り越えれば明るい未来が待っていると信じて頑張って行くしかありません。
お互い、工夫したり協力したりして、辛い今を元気に生きて行きましょう。ではまた。
添付:ブーゲンビリア
IMG_1173.JPG

過ぎ去れば自分だけの人生や生き方だから!

今日は、堤です。このところ、コロナウイルスで暗い話が多いです。今大変であっても、私達は終わる訳にはいかないし、みんなで乗り切るしかありません。みんなに関係することであるし、みんなでしか乗り越えられないことだからです。
 自他共に感染しない様にする事が第一ですが、外出せず自宅にこもって暗くなっているだけでは、免疫力は低下するし、余計な暗いことを考えてしまうかもしれません。
 そこで、今の状況が解決か改善した時には何をしようとか、或いは趣味や音楽などで気を紛らわすなど、人それぞれのストレス解消方法で乗り切るのも良いかもしれません。
 或いは、何をしてもしなくても、過ぎ去ってみれば、自分だけの生き方や人生ではないかと、この生きる世界の変化や出来事にくよくよせず冷静に生きて行くのも良いかもしれません。
どう頑張っても頑張らなくても、生きて行く時間は過ぎ去り過去となり、自分の生きてきた過ぎ去った日々へは戻れません。
自分の過去を振り返って、後悔するか充実していたと嬉しく思うか、或いは懐かしむしかありません。
 くよくよしても始まらないし、つまらないので今、自分が出来る事を精一杯行い、明るい明日や将来が何時かは来ると信じて生きて行くしかありません。お互い自分なりに頑張っていきましょう。ではまた。添付;ブロッコリの花
IMG_0846.JPG


 

何時か春が巡って来た時の為に?

今日は堤です。今、コロナウイルスで人間社会は深刻です。明るく元気になろうとしても、連日ウイルスの報道で、気がめいってしまいます。でも、暗くばかり考えていると、免疫力が低下して健康に良くありません。ウイルス対策は、各々が自分なりに出来うる限り行った後、このウイルスが仮に収束した時の将来についてポジティブに明るく考えた方が良いかもしれません。
 世界の趨勢は、世界の人々によって決まってゆきます。
 また、人間社会に脅威が有っても無くいても、自然界では無関係に季節は過ぎて行くし、時間は過ぎ去ってゆきます。
 何時かはこの嵐が去り、春ののどかないつも通りの生活が戻ってきたら、どうしようなどと思いを巡らしたり、計画を立てたりする事は出来ます(但し、この嵐に呑みこまれず生き残らないと、無駄になってしまうかもしれませんが)。
 飛行機が無かった昔の日本では鎖国をしていて、外国からの様々な有形無形のものが入ってきませんでした。
今、正に世界各国では鎖国をして国境封鎖したりしてウイルスを防ごうとしています。
でも資源の無い日本が今、鎖国をしたら、物や人が自由に出入り出来なくなり、今の暮らしを維持出来なくなります。
 今、誰しもが、早期にこのウイルス問題が解消される事を願うばかりです。(添付写真:ムスリカ)ではまた。
IMG_1162.JPG
 

今、自己防衛する為には?

こんにちは、堤です。今、コロナウイルスで、世界中が大変な事になっています。ウイルスは、細菌より小さく、電子顕微鏡でないと目視で確認できません。
 細菌検査では、菌を培地で増殖(増菌)させて可視化し数を数えます(ウイルス確認でも理論的には出来るかも?)。
何年か以前に細菌検査を行った事が有るので、細菌については、その強さや耐性、増菌、抗菌、滅菌、殺菌などは、ある程度分かりますが、ウイルスについては、よくわかりません。
 ウイルスは、極微小な為、空中で浮遊しやすく、どこに存在するか分からないので、免疫力を高めたり、人混みをなるべく避けて、適度な手洗い励行、マスク着用などで感染予防するしかありません。
 風邪は、風の邪と書き、ウイルスは軽くて飛びやすいので、空気が乾燥していればいるほど空中を浮いて飛びやすいので飛んで来る?(部屋を加湿すると、空中の水分子とウイルスがくっついて重くなり、沈みやすくなり下へ沈むから、吸い込みにくい?)
 マスクについては、昔懐かしいガーゼのものは良いかもしれません。自分の吐く息でガーゼがぬれてきて、アクアフィルター効果(水分子同士が架橋する?水分子は極微小)が有ると思います。まあ今時、マスクが不足しているし、ガーゼマスクは洗って何回か使えます。ただし、ちょっと息苦しいし、カッコ悪いかなあ?
 お互い、この有事を工夫したりして自己防衛して乗り切って行きましょう。ではまた。
IMG_1081.JPG

増えても良いものとは?

こんにちは、堤です。ようやく春の気配がしてきました。ジャガイモを植える前に、土を耕したり、肥料などを入れて、植える前に準備します
 さて最近、飼育している熱帯魚がドンドン増えています。今まで、飼育で失敗してきてようやく飼育のコツがつかめました
 (飼育でつかんだ事実?ノウハウ?)
1まず、エサはやり過ぎないこと(餌が有ればあるほど、有るだけ食べてしまい、食べ過ぎて死んでしまいます)
 (また、食べ残した餌は、腐敗します)
2水槽の水は、一部だけ交換すること(全交換すると、水質が急変して慣れないで死んでしまう事が多いです)
3水草は、水質浄化や緩衝作用が有り、水質が安定し、産卵場所にもなり必要。
 (ただし、水草が光合成出来るように、明るい所に水槽を置くか、十分な照明が必要)
4水質浄化のためにフルターは必要で、定期的に交換が必要。
5空気を送る(エアレーション)は必要(酸欠で嫌気状態にならない様に)。
6水草は、丈夫な種類を選ぶこと(水草はいつかは枯れますが、枯れてばかりでは、何時も腐敗状態なのでダメ)
7定期的に餌をやらないと飢えて、成魚が稚魚も食べてしまう(共食いする)ので、餌をやります。
8最近では、夏場に30℃を超えてしまい40℃近くなるので、冷却が必要
 (小型のファンで風を水面に当てて気化熱で冷やせますが、数度程度しか冷やせないので、エアコンの一部の冷気とかも必要かも?)
以上の通りですが、いやいや、熱帯魚が増えると水槽が狭くなり、水槽の増設と付帯装置も必要なので、はたして増えても良いものなのか{}
 まだまだ、増えて良いものなのか疑問のものも有りますが、お互い賢く考えて此れからも生きて行きましょう ではまた。
IMG_0012 - コピー.JPG