我身を抓(つね)って人の痛さを知れ?自分の痛さを知る?

今日は、堤です。
 最近、数十年ぶりにテニスをしましたが遭えなく、手と顔をすりむいてしまいました。
長い事、テニスしてない内に、近視になっている事を忘れ、(メガネが無いと)飛んで来たボールがぼやけているし、足元がおぼつかなくなっていて(反射神経?筋力も衰えている?)、無理にボールをとろうとして躓(つまず)いてしまいました。後には後悔です(後悔先に立たず)。
 でも軽い傷なので治ると思いますが、傷が治るまでは不自由であり、水や汚れは禁物で日常生活が不便です。
 それに、ばい菌(細菌)が傷から入るといけないので、傷が治るまで、野菜作りが出来ません。
 我身を抓って人の痛さを知れと言う諺が有り、何事も自分の身に引き比べて、他人についても思いやれとの意味ですが、自分で自分を抓って自分の痛さを痛感致しました
 やはり健康であり、怪我や事故にならない様に、分相応の(身分や能力に相応しい)事をすべきであると実感致しました。
 自分を思い、他人には思いやりを持ち、お互い明るく楽しく生きて行きたいものです。ではまた。(写真:ゼラニウム)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Hi
2019年02月20日 19:04
クレールの社会的信用は地に落ちた。

この記事へのトラックバック